ホーム >  コンテンツ >  記事一覧 >  よくある質問と回答
よくある質問と回答 高ヒット
2013-12-2 11:08 投稿者: admin (記事一覧) [ 4188hit ]
Q:病院で「これ以上良くなることが期待できないので現状維持でいきましょう」といわれましたがなんとかしたいと思っています。良くなりますか?

A:今の症状の原因がどこにあるかが問題です。多くの医療機関は現代医学を中心とした見解ですが当院は東洋医学的な見解も合わせて状態を判断し治療しますので今以上の改善を期待することはできると思います。



Q:以前そちらで治療した人から1回で治ったと聴きました。

A:よくそういう方から問い合わせを頂きますが、全ての症状が1回で治ることは理論上ありません。1回で治ったという方は1回で治るレベルの症状だったと見ています。



Q:保険が効きますか?

A: 申し訳ございません。当施設は保険対象内の治療内容でないため医師の同意書があっても保険がききませんのでお近くの鍼灸院、接骨院での治療をお勧めします。
それでも症状が改善できなければ当院をご利用頂ければと思っております。



Q:何度も通わなければいけませんか?経費がかかるのが心配なんですが?

A:勿論、現在の症状と身体の状態を診なければどのくらい治療しないといけないかは判断できませんがほとんどの方が症状があるないに関わらず「身体の状態」が良くないまま放置されています。当施設では「身体全体の滞り」と取り除くことで症状をとっていきますので再発や新たな症状の発症が減少していきます。また他の病気も思わぬ改善がみられるケースも多々あります。したがって通われている医療機関や治療院の通院、又、お薬の量が減るので逆に医療経費は削減できると見ています。



Q:運動経験がありません。それでも運動でカラダを変えることが出来ますか?

A:勿論できます。当施設ではお客さまのカラダの特性に見合った“特殊なプログラム”を提供していきます。また多くの方が「筋力」をつけないといけないと思われていますがそんなことは全然ありません。「運動ってこういうことを言うんですね!」とほとんどの方が言われるとうり良い意味で期待を裏切れると思います。



Q:病院でよく「痛くても動かせ!」と言われます。でも痛いのでつらいのですが それって合ってるんですか? 

A:いわゆる病院でのリハビリと我々の考えるリハビリとでは診かた考え方に異なる点があります。 しかし答えから言えば「痛いけど動かす」と「痛いのであれば動かさない」の2つあるのが正解です。痛い場所というのは負担が一極集中せざる得ないカラダの状態になっているわけですからそこを改善するには痛みがあってくれた方が都合のいい場合があります。その時は動かして治す。しかし患部に炎症がひどい場合は動かすのは禁忌です。



Q:鍼って痛いんですか?

A:正直に言えばカラダに鍼を刺すというのは痛いです。しかし刺して痛くない場所もあります。大事なのは痛いから効く、痛くないから効いていないのではなく痛くても痛くなくても効果のあるツボを選別し効果があるように効かす我々の技量の問題です。


このページを印刷
カテゴリ内ページ移動 ( 19  件):     1  2  3  4  5  6  7  8  .. 19    
GNavi   (based on MyAlbum-P)


広島県広島市西区西観音町12−8
電話:082-296-2322

ホームに戻る|はじめての方へ施術内容・料金医院案内・地図スタッフ紹介お問合せ