コオディネーショントレーニングとしてボールを持ってハードル走からのシュート。

コオディネーショントレーニングとしてボールを持ってハードル走からのシュート。 この行為が上手くできることが目的ではなく、あくまでも行為の中の動作が競技に転移していくことが大切。 なのでコーチングの声かけで心理プレッシャーを与えて動作を崩しているのです。