74歳女性顎関節症の治療での来院です。

74歳女性顎関節症の治療での来院です。歯科医院、口腔外科に行かれたそうですがとくにこれといった治療はないとのことでネットでいろいろ調べてから当院に来られました。 顎関節症には開口時又は食いしばった時などの痛みがありますが今回は開けた時に痛みがあるとのことでした。 顎関節症は文字通り顎の関節の痛みや炎症ですがその多くは周辺筋肉である胸鎖乳突筋や僧帽筋、後頸椎部筋のアンバランスによるものが多く見られます。 この女性も顎の咬筋、後頸部を緩めることで8割がた痛みが取れたとのことでした。 全て治療が終わったあとに実は両膝も曲がらないのですが…と言われたので評価後トレーニングだけのアプローチをしたら写真のように可動域に変化が見られました。 膝に自信がないので娘さんに連れられての来院でしたがこれなら1人で来れそうですと嬉しい言葉を頂きました。 顎関節同様継続治療しながら経過観察していきたいと思います。