少し長文失礼します。

少し長文失礼します。 今日も先週末に続いてさゆり堂薬局での作業でした。 朝からの予定でしたが昨夜は教え子の二次会三次会で気づけば朝の4時まで.. さすがに昼からの作業になってしまいましたが一時期の暑さが落ち着いたせいかかなり進めることかできました。 今日は地元の消防団との作業でした。 その中のメンバーに28才の天野さんと言う方がおられました。 胸に圧迫のサポーターを巻いた状態で懸命に土砂をかいていたので事情を聞いてみると災害発生当日矢野東のタバコ屋の前で車に乗ったまま土石流に流されたとの事です。 200mほど下流に流されたあと運良く車が止まったので必死の思いで車外に逃げたのですが流れてくるコアストーンで左肋骨3本骨折右肋骨2本ひびが入り数日間入院していたそうです。 またその助手席には臨月を迎えた妹がいたそうです。 流れてくるコアストーンがお腹に当たらないように自分が盾になり背を向けさせながら避難の誘導をしてなんとか流れてのないところまで逃がすことごできたそうです。 まだ続きがあるんですが、現場にいた彼のお父さんも2人を助けようと自分の身体にロープを巻き付け土石流の中に飛び込んだそうです。 その想いとは裏腹にその2人はなんとか逃げることが出来たんですが問題はそのお父さんです。 濁流のなかに沈んだまましばらく姿が見えなかったそうですが5分ぐらいしてなんとか引き出したら心配停止の状態でみつかったということです。 しばらくしてそのお父さん、なんとか息だけは吹き帰したそうですが家族みんながまさに急死に一生をえた体験をされていました。 また妹さんを救助したのはいいのですがそれからしばらくお腹の赤ちゃんが動いていなかったそうです。 しかし病院の検査で大丈夫だということがわかってらしいのですがなんと先日無事にご出産されたとのことです。 本当に良かったてす。 奇跡的に助かったということでそれにまつわる名前をつけたいということでした。 しかし当の天野さんまだ寝返りでも身体が痛むというのに懸命に作業を続けていました。 本当に凄い人物です。 余談ですがその土石流の中に飛び込んだお父さん実は私と同級生で幼なじみの天野のコウゾウでした。(本当にびっくりです) 作業が終わった後うちに来てもらい肋骨の治療をしましたがちょっと押さえただけでも相当痛そうだったのによくあんなに動くことができたなぁと感心させられっぱなしでした。 そんな作業を皆で終え言葉数少なくなってきたところに窓ごしに「伊藤さん」と矢野のサッカーの後輩が車でやってきました。 ベアフィットの中島さんやスキマスイッチの常田さんお笑い芸人のお見送りなんとかさんらを乗せて現場の状況を視察に来ました。 その知らない芸人になんか一発芸は?とふると.. 全然面白くはありませんでしたが周囲大爆笑だったので良しとして今日1日の疲れを吹き飛ばしてもらいました。 またどう見てもパリピにしか見えない若者もボランティアにきていましたが神奈川からヒッチハイクで広島まで来たと言っていました。 なんかにぎやかな1日でしたが確実に作業は進行したのでさゆり堂の先生も喜んでいました。 次の手伝いはいつになるか.. 引き続き人手が足りてない状況には変わりはありませんので是非という方ご一報お待ちしております。