今日はなかなか出来なかった復旧作業をしてきました。

今日はなかなか出来なかった復旧作業をしてきました。 日に日にメディアの露出も減ってきてどことなく終息感も漂ってきてますが現場はまだまだが現状です。 今日は甚大な被害にあった、さゆり堂薬局の泥かきと荷物の搬出をこの矢野に入って1ヶ月尾崎神社に寝泊まりしながらという神奈川と三重の青年といっしょに作業しました。 このさゆり堂薬局はこの地域の方々にとっては無くはならない存在です。 くすりなんてものが同じならどこで処方されてもいっしょのようですがそうではありません。 ここのくすりで元気を取り戻した人がどれだけいるか.. そのためには再起は必須なんですが店舗の横の母屋には写真のようにまだ腰高の土砂が埋まったままです。 そんな状況でも感心させられたのはその作業をともにした青年です。 私も「今時の若いもんは.. 」と思わず言ってしまう世代に入ってしまいましたがここに来ている「若いもん」は間違いなく次の世代にはなくてはならない人材のひとりではないかと思わせる一味も二味も違う対応スキルの持ち主でした。 また今日は八幡FC の岡本代表もクラブとして何らかの支援をしたいと現場の査察に来られました。 ここもそうですが少し上の矢野東もまだまだ人手が足っていません。 この矢野エリアで何らかのお手伝いをしていただける方がいらっしゃいましたら私あてにご連絡頂けると幸いです。  よろしくお願いいたします。